古くなった鍵の対処

鍵には寿命があるということをご存知ですか。
鍵は毎日のように開け閉めしているものなので、使用頻度が高ければ劣化してしまいます。そうすると鍵としての役割を果たせなくなってしまいます。

鍵交換が必要な理由として、「安全性」が挙げられます。
取り付けた時に防犯性が高い鍵であっても、長年同じ鍵を使用していると、どんどん古いタイプとなってしまいます。空き巣犯はピッキングやサムターン回しなど様々な方法で侵入しようとしますので防犯性が低くなってしまいます。
そのため、高い防犯性を維持するためには定期的に鍵交換をする必要があります。

一般的に鍵の寿命は10~15年といわれています。
特に玄関の鍵は外気に晒されていますし、毎日施錠・解錠します。そのため、鍵のギザギザ部分が削れてしまう、鍵穴が錆びてしまう、鍵を回した時に異音がするといった症状が起こります。
長年使用していて、取り付け時に比べて調子が悪くなってきたなと思えば、鍵交換をするようにしましょう。