暗証番号錠

暗証番号錠は、企業やマンションですでに取り入れているところが多いです。
設定された番号を入力することでドアを開閉することが出来ます。

暗証番号錠の特徴は、鍵を持つ必要がないということです。
鍵紛失を予防することが出来ますし、ドアが閉まると同時に施錠できる自動施錠タイプであれば、鍵の締め忘れを防止できます。
個人で暗証番号錠を取り付ける場合、自分で好きな暗証番号を設定することが出来ます。
ただ、長年同じ番号で設定していると同じ番号のボタンだけすり減ってしまいますので防犯性が低くなってしまいます。そのため、定期的に番号を変える必要があります。

暗証番号錠の中にも防犯性が高いタイプがあり、入力する度に数字の文字配列が変化する、ダミー入力機能が搭載されている場合もあります。