鍵がある安心感と安全

鍵はどこの家庭にも最低1つは設置されています。
また、家庭以外にも世の中には「鍵」が至るところに存在しています。
代表的なところでは、住まいの玄関、窓、トイレ、プライベートルーム。その他にも自転車、車、バイクといった乗り物にも付いています。金庫、ロッカー、パソコンといった場所にも取り付けられています。

鍵の役割は「安全を守る」ということです。
大切なもの、金銭、宝石類、情報、命といったものを守るためには欠かすことが出来ません。

しかし、鍵が壊れている、鍵があるのに施錠していないということであれば、鍵の意味がなくなり、大切なものを守ることが出来ません。
防犯性を高めるために、鍵に関する技術は日々進化しています。しかし、それに伴い犯罪者の技術も進化しています。
そのため、鍵があるから安心…と思い込むのではなく、常に高い防犯意識を持つ必要があります。

防犯対策の第一歩として、施錠、鍵交換、補助錠を取り付けるといったことから始めましょう。
鍵業者へ相談すれば、適した防犯対策方法について教えてもらうことが出来ます。