防犯性が高い鍵を使おう

ロータリーディスクシリンダー錠というのは、複雑な構造となっていますので防犯性が高い鍵として認知されています。
鍵穴に鍵を挿すことで、タンブラーが回転する仕組みとなっています。そのためロータリーという名前が付いているのです。

ロータリーディスクシリンダーはピッキングに強く、空き巣を防止することにつながります。
ピッキングしにくい理由としては、鍵穴にある複数の凸凹が一致しないと解錠・施錠をすることが出来ません。専用の鍵を使用すれば容易に鍵開けすることが出来ますが、ピッキングに使用するような工具を使用しても開錠できません。

最近の玄関ドアはロータリーディスクシリンダーが採用されていることが多く、防犯性が高まります。